知らないと損してしまう法律が、世の中には沢山あります。特に利息の利率に関しては、知っておいた方が良いです。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

知らないと損する法律について

知らないと損する法律について
世の中には、法律を知らないと損してしまうことが、結構あります。近年、よく話題にもなる金融業者の貸付けですが、この金融業者がお金を貸付けの際にかける利息の利率は、法律で規定されています。金融業者がお金を貸付けをする際には、2パータンの貸付金利の法律があるのです。その法律とは、出資法と利息制限法です。世の中には、これらの法律を悪用する悪徳金融がいます。お金を貸し付ける場合の金利が定められている法律が2パターンあることをいいことに、不当なお金を貸し付けています。この行為は、もちろん違法行為に該当しますので法律上無効となりますが、お金を借りた人がよく法律を知らないと本来は全く不当な利息に対して支払うことがないにも関わらずに、支払ってしまっている方もいます。

なお、もし全く支払うことのない利息分の金利を支払ったとしても、法律で定められた法定金利と不当な金利との差額分を取り戻すことができます。いわゆる、過払い金返金です。これも法律に則って正式な手続きを経れば、返還請求できるのです。こういった法律があるということだけでも、知っておけば損はしないで済みます。ただ、これは素人では中々難しいので、弁護士又は司法書士に依頼するのが一番良いかと思います。

Copyright (C)2016知らないと損する法律について.All rights reserved.